オルガノ株式会社オルガノ コア・コンピタンス イオン交換樹脂 アンバーライト™サイト

イオン交換とは? イオン交換樹脂を検討する流れを、
調査・試験・実証実験・実装置化の
ステップで流れを解説します。


イオン交換樹脂を使用したプロセスを検討する際、実際にはどの様な流れで行われるのか。
なかなか見えにくいイオン交換樹脂/合成吸着剤を検討・導入していく流れと、必要となる作業を、4つのステップで紹介いたします。

導入までの流れ

  • step1. 調査 -情報収集-
  • step2. 試験 -最適な条件を探索する-
  • step3. 実証実験 -装置化に向け実証プラントで確認する-
  • step4. 実装置化 -装置運転および運転条件の最適化-

step1. 調査 -情報収集-

step1 image

最初のステップでは、目標を定めてその目標に対して情報収集を行います。調査フェーズを疎かにすると、期待した結果が得られないため、重要なステップとなります。

具体例

  • 学会誌/特許/先行技術の探索
  • 原液の性状を確認
  • 目標とする処理液の精度の決定

具体的な業種

  • 食品業界向け
  • 医製薬業界向け
  • 化学業界向け
  • 水処理業界向け
  • 環境業界向け

このステップのポイント

調査フェーズでは、学会誌等の情報収集の他、「どのような原液からどのような処理液にしたいか」の決定を行います。

オルガノでは、調査フェーズより、お客様のニーズに最適なシステムをご提案いたします。

詳細はお問い合わせ下さい。

step2. 試験 -最適な条件を探索する-

step2 image

調査フェーズで得られた結果に対し、最適な条件を導き出すのが次のステップ、試験フェーズです。様々な観点から、実現性の可否などを試験します。

具体例

  • イオン交換樹脂/合成吸着剤の組み合わせ処理の検討
  • イオン交換樹脂/合成吸着剤の選定
  • カラム方式での処理能力の確認
  • 最適なSV,LVの確認
  • 排水量、排水処理の確認
  • ユーティリティーの確認
  • 樹脂量の決定
  • 最適な装置構成の決定
  • フィジビリティースタディーの実施

このステップのポイント

試験フェーズではイオン交換樹脂/合成吸着剤を用い性能評価を進めていきます。

オルガノではお客様のニーズに合わせた樹脂の選定から、実験方法・実験装置のご提案まで幅広くサポートいたします。

アンバーカラムの詳細

step3. 実証実験 -装置化に向け実証プラントで確認する-

step3 image

ステップ1、2で方向性が確定したら、導入する前段階として、実証試験を行います。装置化に向けて、実証用のプラント等を構築して、装置化前の最終確認を行います。

具体例

  • 運転条件最適化の検討
  • イオン交換樹脂/合成吸着剤のライフの確認
  • 長期安定運転の確認
  • 長期運転での処理液質の確認
  • 装置設計条件の決定

このステップのポイント

実証試験フェーズでは、実装置化に向け長期安定運転、運転コストを見据えた検討を進めていきます。

オルガノでは最適なシステム提案が可能です。

詳細はお問い合わせ下さい。

step4. 実装置化 -装置運転および運転条件の最適化-

step4 image

装置納入後は、装置を安定的に運転するため、設備の日常管理や定期的な保守・点検、処理液の性能評価等を行っていきます。オルガノでは装置納入後のメンテナンスから、最適化を目指したご提案など幅広くサポート可能です。

ページの先頭へ
border

この情報にご興味があるお客様、もっと情報を知りたいお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

イオン交換樹脂 アンバーライト™のお問い合わせ
border
SV,LVとは

SV=空間速度(Space velocity)の略。
充填されているイオン交換樹脂に対して、一時間当たり何倍量の処理水(液) を通過させるかの倍量を表す。

LV=線速度(Linear velocity)の略。
管内の流体流量Q(m3/h),菅断面積A(m2)とするときQ/A(m/h)を線速度という。

アンバーライトサイト ショートカットメニュー