オルガノ株式会社オルガノ コア・コンピタンス イオン交換樹脂 アンバーライト™サイト

アンバーライト™とは? イオン交換樹脂アンバーライト™はダウ・ケミカル社の製品です。
ここでは、アンバーライト™とオルガノの関係を紹介します。

アンバーライト™

イオン交換樹脂アンバーライト™に関する、基本情報です。

  • イオン交換樹脂アンバーライト™とは?
  • イオン交換樹脂は何に使われますか?
  • イオン交換樹脂はどのような、形、材質ですか?
  • イオン交換樹脂の市場は?

イオン交換樹脂アンバーライト™とは? ダウ・ケミカル社の製品です。

世界有数の化学品メーカー、ローム・アンド・ハース社の製品で現在はダウ・ケミカル社に引き継がれ、オルガノ株式会社は当該製品の日本国内における独占販売権を有しています。他にもダウ・ケミカル社は触媒用イオン交換樹脂アンバーリスト™、均一粒径イオン交換樹脂アンバージェット™を製造しています。これらについてもオルガノ株式会社は日本国内における独占販売権を有しています。

1952年には米国ローム・アンド・ハース社の製造するイオン交換樹脂アンバーライト™の日本国内独占販売権を取得。爾来約60年間に渡り、ユーザーニーズに合わせた多くのイオン交換樹脂を両社で共同開発し、それらを用いた各種水処理装置、食品、医薬成約、化学など多くの分野向けにイオン交換装置を開発して来ました。

そして、今、ローム・アンド・ハース社のイオン交換樹脂アンバーライト™は、ダウ・ケミカル社に引き継がれ、オルガノ−ダウ・ケミカルの新しいパートナーシップがスタートしました。

イオン交換樹脂は何に使われますか? 最も多いのは水処理用です。

色々な用途がありますが、最も多いのは水処理用です。水中の不純物イオンを除去する為に用いられ、発電所、半導体工場、液晶工場なで、きれいな水(純水)を必要とする各種工場で用いられています。

イオン交換樹脂はどのような、形、材質ですか? 球状のプラスチックで大きさは0.5mm〜1.0mm位です。

イオン交換樹脂は、大きさ0.5mm〜1.0mm位の球状のプラスチックです。通常のプラスチックとは異なり、イオン交換する機能を持つ樹脂のため、イオン交換樹脂と呼ばれています。

イオン交換樹脂の市場は? 日本国内では年間約16,000m3が販売されています。

日本国内市場では年間約16,000m³のイオン交換樹脂が販売されています。当社のイオン交換樹脂販売数量は年間約5,000m³です。

ページの先頭へ
border

この情報にご興味があるお客様、もっと情報を知りたいお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

イオン交換樹脂 アンバーライト™のお問い合わせ
border
アンバーライト™の由来とは
アンバーライト™(Amberlite)は造語で、由来はアンバー:Amber(琥珀色の)、ライト:lite(Zeolite:鉱物、鉱石などからくる石を示す)であり、『琥珀色の石』といった意味と言われている。

アンバーライトサイト ショートカットメニュー