オルガノ株式会社オルガノ コア・コンピタンス イオン交換樹脂 アンバーライト™サイト

FAQ 製品の基礎知識や、使用方法、
実験用製品などで、これまでお客様から多く寄せられた、
質問と回答を紹介いたします。

イオン交換樹脂は食品工業の水処理装置としての用途はもちろんのこと、食品自体の色素成分の除去、塩類の除去、有害物質の吸着など多くの用途に使用されています。また、この分野ではイオン交換基を持たない合成吸着剤も多く利用されています。

アンバーライト™の
基本情報

イオン交換樹脂アンバーライト™に関する、基本情報です。

Q1 イオン交換樹脂はどのような、形、材質ですか?
イオン交換樹脂は、大きさ0.5mm〜1.0mm位の球状のプラスチックです。
通常のプラスチックとは異なり、イオン交換する機能を持つ樹脂のため、イオン交換樹脂と呼ばれています。 より詳細な情報は、イオン交換とは?ページで紹介しています。
Q2 イオン交換樹脂は主にどんな用途に使われますか?
最も多いのは水処理用です。水道水から純水を作る、軟水を作るなどの用途に使われることが多くあります。
Q3 イオン交換樹脂「アンバーライト™」とは?
「アンバーライト™」はイオン交換樹脂のブランド名です。

関連情報 アンバーライト™の基本情報についての関連情報です。

イオン交換とは?

食品工業の水処理装置、塩類の除去、有害物質の吸着など多くの用途に使用されているイオン交換樹脂。イオン交換に関する基本的な情報を紹介します

詳しくはこちら

イオン交換樹脂アンバーライト™

世界有数の化学品メーカー、ローム・アンド・ハース社の製品で、オルガノ株式会社は日本国内での独占販売権を有しています。

詳しくはこちら

ご購入時に
よくある質問

アンバーライト™製品ご購入にあたり、よく寄せられるご質問に対する回答を紹介します。

Q1 イオン交換樹脂にはどのような種類がありますか?
分類方法が様々ですが、交換基による分類をすると以下のようにまとめられます。
Q2 イオン交換樹脂の荷姿が知りたい。
実験用の少量品から大型プラント用の大容量梱包品など複数の荷姿を用意致しております。詳細は、弊社販売代理店又はお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
Q3 イオン交換樹脂の価格や入手方法が知りたい。
弊社販売代理店又はお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
Q4 現行のカタログに掲載されていない古い文献や資料に掲載されている製品が欲しい。
カタログに掲載されているものは、弊社取扱製品の一部になります。製品名や用途をご連絡頂ければ、相当品・後継品も合わせて調査させていただきます。
Q5 イオン交換樹脂の実験方法を教えて下さい。
当社が作成した「イオン交換実験マニュアル」に記載がございます。 弊社販売代理店又はお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
Q6 イオン交換樹脂を実験や研究などで使用してみたい。
実験や研究に使用されるお客様のために少量品をご用意させていただいております。弊社販売代理店又はお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

関連情報 ご購入時によくある質問の関連情報です。

イオン交換樹脂アンバーライト™

世界有数の化学品メーカー、ローム・アンド・ハース社の製品で、オルガノ株式会社は日本国内での独占販売権を有しています。

詳しくはこちら

環境業界向け:キレート樹脂

排水基準に定められている、カドミウム、鉛、銅、亜鉛などを含有する重金属排水を確実に除去する為にキレート形イオン交換樹脂が用いられています。

詳しくはこちら
border

この情報にご興味があるお客様、もっと情報を知りたいお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

イオン交換樹脂 アンバーライト™のお問い合わせ
border
イオン交換樹脂の流通単位とは
イオン交換樹脂は多くの製品が湿潤品であるが、一部の乾燥品もある。流通における基本単位は、湿潤品は『L(リットル)』、乾燥品は『g(グラム)』を使用している。
イオン交換体とは
イオン交換現象を示す物質であり、イオン交換樹脂以外の「有機イオン交換体」には、イオン交換膜、イオン交換セルロースなどがある。「無機イオン交換体」には、沸石類や泥炭などの天然物や、パームチット、ドロマイト、水和酸化鉄などがある。イオン交換体の詳細情報を
イオン交換とは?」ページで紹介。

アンバーライトサイト ショートカットメニュー