オルガノ株式会社オルガノ コア・コンピタンス イオン交換樹脂 アンバーライト™サイト

製品情報 均一粒径イオン交換樹脂アンバージェット™

製品一覧表

Jetting法という新しい造粒技術により、従来の技術(懸濁重合法)では出来なかった狭い粒度分布を持った粒子径の揃った樹脂です。

一覧表に記載の無い製品もご相談に応じることが出来ますので、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

強酸性陽イオン交換樹脂

強酸性陽イオン交換樹脂 1020

母体構造スチレン系
分類強酸性・ゲル型
官能基-SO3H
販売時のイオン形H+
見掛け密度(g/L-R) ※約800
水分保有能力(%)49〜55
総交換容量(eq/L-R)≧1.8
調和平均径(mm)0.60〜0.70
均一係数≦1.2
最高操作温度(℃) ※120
有効pH範囲0〜14
用途純水製造など

強酸性陽イオン交換樹脂 1024

母体構造スチレン系
分類強酸性・ゲル型
官能基-SO3H
販売時のイオン形H+
見掛け密度(g/L-R) ※約810
水分保有能力(%)47〜51
総交換容量(eq/L-R)≧2.1
調和平均径(mm) 0.60〜0.70
均一係数≦1.2
最高操作温度(℃) ※120
有効pH範囲0〜14
用途純水製造など

強酸性陽イオン交換樹脂 1060

母体構造スチレン系
分類強酸性・ゲル型
官能基-SO3H
販売時のイオン形H+
見掛け密度(g/L-R) ※約830
水分保有能力(%)36〜43
総交換容量(eq/L-R)≧2.4
調和平均径(mm)0.60〜0.70
均一係数≦1.2
最高操作温度(℃) ※120
有効pH範囲0〜14
用途純水製造など

強酸性陽イオン交換樹脂 1220

母体構造スチレン系
分類強酸性・ゲル型
官能基-SO3M
販売時のイオン形Na+
見掛け密度(g/L-R) ※約820
水分保有能力(%)36〜44
総交換容量(eq/L-R)≧2.0
調和平均径(mm)0.54〜0.65
均一係数≦1.3
最高操作温度(℃) ※120
有効pH範囲0〜14
用途軟水製造など

※ 参考値となります。

ページの先頭へ

強塩基性陰イオン交換樹脂

強塩基性陰イオン交換樹脂 4400

母体構造スチレン系
分類強塩基性・ゲル型
官能基-N≡(CH3)3X
販売時のイオン形Cl-
見掛け密度(g/L-R) ※約800
水分保有能力(%)40〜48
総交換容量(eq/L-R)≧1.4
調和平均径(mm)0.53〜0.63
均一係数≦1.2
最高操作温度(℃) ※60(OH-形)80(Cl-形)
有効pH範囲0〜14
用途純水製造など

強塩基性陰イオン交換樹脂 4002

母体構造スチレン系
分類強塩基性・ゲル型
官能基-N≡(CH3)3X
販売時のイオン形Cl-
見掛け密度(g/L-R) ※約660
水分保有能力(%)49〜55
総交換容量(eq/L-R)≧1.25
調和平均径(mm)0.50〜0.65
均一係数≦1.2
最高操作温度(℃) ※60(OH-形)80(Cl-形)
有効pH範囲0〜14
用途純水製造など

強塩基性陰イオン交換樹脂 4010

母体構造スチレン系
分類強塩基性・ゲル型
官能基-N=(CH3)2X C2H4OH
販売時のイオン形Cl-
見掛け密度(g/L-R) ※約700
水分保有能力(%)45〜51
総交換容量(eq/L-R)≧1.3
調和平均径(mm)0.50〜0.70
均一係数≦1.2
最高操作温度(℃) ※40(OH-形)80(Cl-形)
有効pH範囲0〜14
用途純水製造など

※ 参考値となります。
表のデータは全て基準形(Na+、Cl-)での値になります。

ページの先頭へ

利用されている業種アンバージェット™が使用されている業界の情報です。

  • 食品業界向け
  • 医製薬業界向け
  • 化学業界向け
  • 環境業界向け
border

この情報にご興味があるお客様、もっと情報を知りたいお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

イオン交換樹脂 アンバーライト™のお問い合わせ
border
Jetting法
従来の懸濁重合法とは異なり、モノマー油滴を機械的にコントロールすることで、均一粒径樹脂を製造する技術のこと。

アンバーライトサイト ショートカットメニュー