オルガノ株式会社

オルガノ コア・コンピタンス イオン交換樹脂 アンバーライト™サイト

top

イオン交換樹脂のオルガノ独自の技術が、様々な分野で利用されています。

  • 食品業界向け 食品産業の水処理装置、食品自体の色素成分の除去、塩類の除去、有害物質の除去、有用物質の吸着など多くの用途に使用されています。 もっと詳細を見る
  • 医製薬業界向け 製薬製造用水処理装置、医薬製薬成分の抽出、分離、精製など多くの用途に使用されています。 もっと詳細を見る
  • 化学業界向け 化学工業の水処理装置、酸・塩基の固体触媒、電子材料の分離精製、ヨウ素の濃縮精製、電解液の精製、塩水精製、酸・塩基の精製・回収など多くの用途で使用されています。 もっと詳細を見る
  • 水処理業界向け 様々な水処理方式がありますが、イオン交換樹脂を用いたイオン交換処理法は処理効果も大きく、またその応用範囲も非常に広くなっています。 もっと詳細を見る
  • 環境業界向け 一次処理後の カドミウム、鉛、銅、亜鉛などの重金属をより確実に除去する為にキレート形イオン交換樹脂が用いられています。 もっと詳細を見る
  • クロマト分離技術 異性化糖精製、セラミド精製にクロマト分離技術が使用されています。 もっと詳細を見る
bottom

これからイオン交換樹脂を使用したプロセスを検討している方へ

  • イオン交換樹脂に出来る事は?

    イオン交換樹脂って何?それを使ってどんな事ができるの?

    イオン交換樹脂に出来る事イメージ

    よくある質問と回答で疑問を解決いたします。

    詳細を見る

  • 導入までの流れ

    検討したいけど何をすればいいの?

    導入までの流れイメージ

    そんなお客様のために基本的な流れをまとめました。

    詳細を見る

  • 実験用イオン交換樹脂カラム アンバーカラム

    実験用イオン交換樹脂カラム アンバーカラムイメージ

    試してみたいけど、使い方が分らない・・・。
    オルガノが実験用カラムを用意いたしました。

    詳細を見る

イオン交換樹脂を使ったイオン交換装置のパイオニア


当社は1946年(昭和21年)、日本初のイオン交換装置「無熱蒸留水製造装置」を開発しイオン交換装置の製造販売を主営業とする会社としてスタートしました。

「オルガノ」の社名も、当時イオン交換樹脂を「オルガニック・ゼオライト」略して「オルガノライト」と称していたことに由来しています。

イオン交換樹脂の拡大写真

1952年には米国ローム・アンド・ハース社の製造するイオン交換樹脂アンバーライト™の日本国内独占販売権を取得。爾来約60年間に渡り、ユーザーニーズに合わせた多くのイオン交換樹脂を両社で共同開発し、それらを用いた各種水処理装置、食品、医薬製薬、化学など多くの分野向けにイオン交換装置を開発して来ました。

そして、今、ローム・アンド・ハース社のイオン交換樹脂アンバーライト™は、ダウ・ケミカル社に引き継がれ、オルガノ−ダウ・ケミカルの新しいパートナーシップがスタートしました。

オルガノは、今後共、イオン交換樹脂アンバーライト™均一粒径イオン交換樹脂アンバージェット™触媒用イオン交換樹脂アンバーリスト™合成吸着剤アンバーライト™XAD™の日本国内における独占販売権を有し、皆様にこれらの製品を供給してまいります。

ページの先頭へ

アンバーライトサイト ショートカットメニュー